廃車費用にかかる金額

自動車を廃棄する場合には廃車費用がかかります。廃車費用にはリサイクル料金、解体料金、抹消登録費用からなる金額です。リサイクル料金は廃車の際には必ず支払わなければならない廃車費用です。リサイクル料金を支払わない限り廃車したことにならないため注意が必要です。何故リサイクル料金を支払わなければならないかというと自動車を解体するとカーエアコンのフロンガスやエアバッグ、有用資源を回収した後に残る大量のゴミにあたるシュレッダーダストが残ってしまいます。これらの処理には多額に費用がかかるため不法投棄などの問題に発展してしまいます。問題を防ぐために購入時や廃車地には所有者に費用を負担してもらうためにリサイクル料金を支払うことになります。リサイクル料金の費用が廃車する自動車の大きさによって変わってきます。軽自動車は約八千円、普通自動車は約一万円、外国車は約二万円です。解体費用は地域や自動車の保管場所から解体業者までの距離によって違ってきます。解体費用は解体料金とレッカー移動料金からなっています。抹消登録費用は解体業者や行政書士に依頼した場合費用がかかります。永久抹消登録申請書は40円程度で購入します。解体業者に永久抹消登録を依頼する場合にはほとんどの解体業者では費用がかかりません。行政書士に依頼する場合には二千円から一万円ほどかかります。行政書士に依頼する場合には陸運局の近くに申請書を代行してくれる事務所があり、その事務所に行政書士が常駐しているので依頼をすることができます。
トラック王国が評判です

交通事故の過失割合

【交通事故】に遭った場合、『過失割合』というものが重要になります。

『過失割合』というのは、簡単にいうとお互いの責任の割合です。

どちらにどのくらい責任があるのかということが、その損害の補償に大きな影響を与え、賠償金や慰謝料の金額が大きく変わります。

この『過失割合』は警察が決めると思っている人も多いようですが、一般的にはお互いの保険会社が決めます。

警察はあくまでも事故の状況を確認し、事故事実を記録するだけです。

それに、『過失割合』は過去の裁判例を参考にして決めるので、契約している保険会社によって大幅に変わるということはありません。

ちなみに、駐車場での事故だと『過失割合』が50:50になると思っている人もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限らないのです。

駐車場での事故でも、その時の状況次第で『過失割合』が変わってきます。

自分の『過失割合』が大きくなればなるほど、支払う金額が多くなりますし、少なければ少ないほど、もらう金額が多くなるでしょう。車売るつもりなら