白内障の手術

「水晶体」が白く濁ってしまった場合、元の透明な「水晶体」に戻すことは出来ません。どのように治療するかというと、濁った「水晶体」を『手術』により取り除き、人工のレンズを入れていくのです。こうすることによって、視力が回復してきます。中には、人工のレンズを目に入れることに抵抗がある方もいるかもしれません。でも、この人工のレンズを入れなければ、視界がぼやけてしまうのです。せっかく【白内障】の『手術』をしても、コンタクトレンズを装着したり、分厚いメガネをかけなければならないなんて面倒ですよね。それなら、人工のレンズを入れる方がずっと簡単ですし、快適に過ごせます。『手術』以外の方法では、初期の【白内障】で生活する上で支障のない状態であれば、点眼薬や内服薬で進行を遅らせることも出来ます。ただ、この薬は、あくまでも進行を遅らせるものであり、【白内障】の進行を食い止めるものではありません。その薬を飲んでいるからといって、透明な「水晶体」が戻ってくるわけではないのです。とはいえ、【白内障】と診断されたからといって、必ず『手術』しなければならないのかというと、決してそうではありません。医師と相談して、日々の生活に支障をきたすようになったら『手術』を検討するといいでしょう。もし、毎日の生活に全く支障をきたさないのであれば、点眼による治療などで様子をみることもできます。ただし、【白内障】は自己判断すると非常に危険なので、定期的に通院し、医師の指示に従う必要があります。看護師求人日勤のみはありますか?