白内障の原因

【白内障】になる原因として、真っ先にあげられるのが老化によるものです。「老人性【白内障】(加齢性【白内障】)」と言われています。【白内障】と言えば、この老人性【白内障】を指すことがほとんどです。40歳代での発症はまだ少ないですが、50歳、60歳と年を重ねていくにつれ、発症率は高くなります。80歳以上になると、ほとんどの方が【白内障】を患っていると考えて良いと思います。他には、目に傷がある方や糖尿病を患っている方、ステロイド剤を長い間使い続けたことによる副作用が原因で、【白内障】になる方もいるようです。また、アトピー性皮膚炎、栄養失調などが原因で若いうちから発症してしまう方もいますし、家族に【白内障】の方がいると遺伝するとも言われています。それに、生まれつき「水晶体」に濁りのある先天性【白内障】の方もいるのです。その他にも、一日に20本以上も喫煙している方とか、一日の喫煙量は少なくても年間65箱以上喫煙している方も注意が必要でしょう。アルコール摂取量の多い方も【白内障】になる確率が高いそうです。老人特有の病気と思われていた【白内障】ですが、近年では若い方も発症するようになってきました。その原因としては、パソコンなどによる目の疲れ、乱れがちで不健康な食生活、体に良くない生活習慣などがあるでしょう。特に、目を酷使するような仕事についている方は、眼精疲労を放置しないように気をつけてください。視力が落ちてきたなと思ったら、面倒がらずに眼科を受診するのも【白内障】の早期発見に繋がるでしょう。
背中ニキビや背中ニキビ跡をどうすればいい

白内障の予防

【白内障】のほとんどは、加齢による老人性【白内障】です。老化が原因だから予防出来ないと思っている方も多いですよね。しかし、その様なことはありません。老人性【白内障】でも予防は出来ます。具体的な予防方法としては、まず、【白内障】の一因となる紫外線を吸収しないようにする必要があります。あなたもご存知の通り、紫外線は目に良くありません。紫外線は角膜と「水晶体」に吸収されてしまいますから、紫外線カットが施されているサングラスを着用するといいでしょう。次に、タバコを吸っている方は禁煙をしてください。タバコは、【白内障】にもその他の病気にも悪影響を及ぼします。健康を維持するためにも、ぜひ思い切ってタバコを止めましょう。元々、「水晶体」はビタミンCをたくさん含んでいますが、そのビタミンCは喫煙することにより、破壊されてしまうのです。ビタミンCの他にも、ビタミンEやビタミンA、βカロチンが【白内障】予防には良いと言われています。野菜中心のバランスの取れた食事を心掛けると、【白内障】の予防に繋がります。さらに、日常的に水分をしっかり摂ったり、適度に運動し、ストレスを溜めない生活を送るようにしてください。つまり、規則正しく健康に良い生活をするように心掛けるのです。【白内障】の予防方法をまとめると、日中の外出時には紫外線をカットできるサングラスを使う、禁煙する(もしくは、喫煙によって失われてしまう分も含めてビタミンCを摂取する)といったことに加えて、一般的に健康に良い・老化を防止するといわれている食生活や生活習慣を心掛けるといいでしょう。
お肌の黒ずみ専用 ホスピピュア

白内障とは?

【白内障】とは、目のレンズの役目をする「「水晶体」」が白く濁って、視力低下などを引き起こしてしまう病気です。「「水晶体」」は、カメラのレンズの様に自動的に焦点を合わせて、網膜に映像を送っています。遠くの物を見る時には薄くなり、近くの物を見る時には厚くなるのです。元々は透明の「水晶体」が白く濁ってしまうと、光が乱反射してしまい、網膜に正確な映像を送ることが出来なくなってしまいます。【白内障】の症状としては、明るい所が眩しく感じられたり、夕方になると物が見えにくくなったり、物を見ると二重三重に見えたりといった症状が主なものです。物が見えにくくなることから、『視力の低下』を疑う方もいるでしょう。眼鏡をかけている方の中には、眼鏡の度が合わなくなったのかと感じる方もいます。もし、眼鏡の度を変えたりしても見えにくい場合は、【白内障】の可能性があります。【白内障】は、痛みやかゆみなどの症状は見られないので、なかなか【白内障】だと気付かない場合もあるようです。一般的には、年齢と共に症状が表れてくることが多く、早い方だと40歳代から症状が表れ、80歳代にもなると、ほとんどの方に症状が表れるでしょう。【白内障】は早期発見・早期治療が何よりも大切です。早めに治療すればすぐに治る病気ですが、進行すると緑内障やブドウ膜炎など他の病気も併発しかねません。最悪の場合には、失明してしまうこともあります。目に何らかの異常を感じたら、眼科を受診して原因をはっきりさせましょう。
まいぷぅがプロデュースのデトックス茶「美甘麗茶」誕生!

白内障の手術

「水晶体」が白く濁ってしまった場合、元の透明な「水晶体」に戻すことは出来ません。どのように治療するかというと、濁った「水晶体」を『手術』により取り除き、人工のレンズを入れていくのです。こうすることによって、視力が回復してきます。中には、人工のレンズを目に入れることに抵抗がある方もいるかもしれません。でも、この人工のレンズを入れなければ、視界がぼやけてしまうのです。せっかく【白内障】の『手術』をしても、コンタクトレンズを装着したり、分厚いメガネをかけなければならないなんて面倒ですよね。それなら、人工のレンズを入れる方がずっと簡単ですし、快適に過ごせます。『手術』以外の方法では、初期の【白内障】で生活する上で支障のない状態であれば、点眼薬や内服薬で進行を遅らせることも出来ます。ただ、この薬は、あくまでも進行を遅らせるものであり、【白内障】の進行を食い止めるものではありません。その薬を飲んでいるからといって、透明な「水晶体」が戻ってくるわけではないのです。とはいえ、【白内障】と診断されたからといって、必ず『手術』しなければならないのかというと、決してそうではありません。医師と相談して、日々の生活に支障をきたすようになったら『手術』を検討するといいでしょう。もし、毎日の生活に全く支障をきたさないのであれば、点眼による治療などで様子をみることもできます。ただし、【白内障】は自己判断すると非常に危険なので、定期的に通院し、医師の指示に従う必要があります。
看護師求人で外来勤務希望の主婦です